建売と注文住宅の比較


建売と注文住宅は何が違う?

住みたい家をイメージしましょう!あなたが選ぶのは建売?注文住宅?

建売と注文住宅のどちらを選ぶかは、住宅をつくる際の大きな選択肢です。まずはそれぞれの特徴を知って、より希望に近いほうを選びましょう。

建売

大手ハウスメーカーが提供する住宅のタイプで、基本的にあらかじめ建てられている住宅を購入するものです。また、お客様が一部選択できるセミオーダーのタイプもあります。つくるものが前もって決まっているためスピーディーで、注文住宅と比べると安価になるケースが多いという特徴があります。

注文住宅

お客様と建築事務所が連携して、設計から建築までのすべてを行ってつくるタイプです。一部ではなく細かな部分までこだわってつくることができます。また、使用する建材や導入する設備によって全体的なコストを下げることもできます。

比較表

建売 注文住宅
  • モデルルームと同じものができるためイメージしやすい
  • 土地つきのものが多い
  • 比較的安価であることが多い
  • 家づくりにかかる期間が短い
  • 使用する建材などでコストを調整できる
  • 細かい部分まで希望どおりにできる
  • 自分で工事過程をチェックできる
  • 担当者と密な打ち合わせができる

注文住宅を建てる際のポイント

夢をかたちにするものだから後悔しない方法で!

注文住宅は、お客様と建築事務所が協力し合ってつくりあげる、いわば「作品」です。どんな家でどのように暮らしたいのか、細かい要望を反映しながら家づくりができます。こちらでは、イメージどおりの注文住宅をつくるためのポイントをご紹介します。

建築事務所との信頼関係を築く

ひとつの「作品」をつくりあげるパートナーとして、建築事務所としっかりと連携を図りましょう。まずはしっかり想いを共有し、密な打ち合わせを繰り返しながら信頼関係を築きましょう。

優先順位をつける

要望を自由に反映できるとなると、どうしても欲張りすぎてしまうものです。まずはご家族で相談し、「絶対にゆずれないもの」「どちらでもいいもの」「完全に任せるもの」など優先順位を明確につけましょう。

基礎的な工事に力を入れているか確かめる

どんなにデザインにすぐれた家を建てても、耐震性が低かったり雨漏りが起こったりしては意味がありません。耐震工事をはじめとした基礎的な施工に力を入れているかどうかを確かめましょう。

長く住むことをイメージする

注文住宅は、賃貸のように期間を区切って住む物件ではありません。デザインや安全性まですべて確認して、一生涯にわたって住める家を選びましょう。

見積り ・資料請求・見学会予約等のお問い合わせはこちらから


対応エリア

神奈川県の平塚,茅ヶ崎,
藤沢,厚木周辺に対応

CONTENTS

会社紹介
アコルデの家
アコルデの特徴
セルロース断熱材
注文住宅購入準備
注文住宅購入計画
建築事務所とハウスメーカーを比較
建売りと注文住宅の比較
住宅ビルダーとの付き合い方

お問い合わせ・ご相談はこちら

  • shield Agency
  • Opus会員
  • 株式会社アコルデ
  • 株式会社アコルデblog!
  • トゥルーライフ
  • ハウスジーメン